1ヶ月使用のカラコン > レポート > 益若つばさプロデュースのエンジェルカラー

益若つばさプロデュースのエンジェルカラー

Pocket

私がずっと使っていたカラコンは、益若つばささんプロデュースのエンジェルカラーシリーズで、その中でも特にバンビシリーズのアーモンドを愛用していました。
このエンジェルカラーシリーズはブルーやグリーンなどの派手な色のものもありますが、比較的ナチュラルなものも揃っていたので、よく使っていました。
愛用していたバンビシリーズのアーモンドはその中でも特にナチュラルでありながら、黒目がクッキリとするので、一番盛れると思い使っていました。
グリーンやブルーなどは可愛いと思いますが、髪色や服装によって、あとは肌の色によっても浮いた印象になってしまうこともあるので、ダークブラウン系で、黒目がクッキリと大きくなり、かつ、不自然過ぎないカラコンは貴重だったのですごく重宝していました。
大学や遊びではもちろんですが、アルバイトにつけていっても、あまり年配の人にはバレないことが多かったので、結構自然に見えていたんだとは思います。

また、このエンジェルカラーシリーズを愛用していたもう1つの理由が、衛生面がきちんとしているからです。
ワンデータイプなので、マンスリーとかのように汚くなることもないですし、なによりカラコンはドライアイになりやすいものが多いので、乾いたらすぐに捨てて、新しいものと交換できるというのも魅力的でした。
しかもワンデータイプなのに、そこまで高くもなく、普通のコンタクトよりも安いので、経済的にも助かりました。

あと、エンジェルカラーシリーズの最大の魅力は度数がかなり多めにあることです。
実は私自身はかなり目が悪くて、普段はマイナス8とかマイナス8.5とかのコンタクトを使用しています。カラコンは度ありのものも多いですが、エンジェルカラーシリーズのようにマイナス10まで対応しているコンタクトって意外と少ないんです。特に私がカラコンの使用をし始めた5年くらい前だと、そういった度数の幅が広いカラコンが少なかったため、本当にありがたかったです。

上記3点の理由でエンジェルカラーのバンビシリーズをおすすめしたいと思います。

基礎知識

レポート